世界最高品質のわきが治療 城本クリニック

城本クリニックの徹底調査

再発の心配がないわきが治療なら、汗腺を徹底的に除去する「直視下摘除法」!!
医師の技術力と豊富な症例数で選ぶなら城本クリニック!!

信用の美容整形ブランド 城本クリニック

全国主要地域のわきが・多汗症治療を行っている病院を検索できます。


わきが・多汗症に関する口コミを見たり、悩み疑問を相談したり、同じ悩みを持つ人と情報交換できる掲示板です。

わきが・多汗症関連リンク集

おすすめリンク集

ミラドライ治療のコラム タイトル一覧
ミラドライ治療のコラム - 「ミラドライ」の実態について紹介します。
ミラドライとは - わきが・多汗症の最新治療「ミラドライ」に迫ります。
ミラドライの効果 - ミラドライはどれだけの効果があるのでしょうか?
ミラドライのメリット・デメリット - ミラドライの長所と短所を紹介します。

ミラドライの安全性とリスク

ミラドライの安全性について

ミラドライの施術工程は開発メーカーにより厳密にマニュアル化されているそうです。施術中もミラドライ本体のパネルに非常に細かく指示が表示され、至れり尽くせりの仕様であり、ここまで親切設計であれば「誰がやっても同じ結果」が出せるのでは?とさえ思えるようです。

実際、照射に関しては誰が行ってもほぼ同じ結果が期待できるくらいミラドライシステムは高い完成度を誇っているようです。

しかし、ミラドライには診察、照射範囲の決定、適切な麻酔、アフターケアも含め「わきが」「多汗症」治療の経験はもとより、医療行為全般に関わる総合的な経験と知識が求められます。

万が一治療中に重篤な問題が発生した場合、医師でなければ判断できない、そもそも問題に気づかない可能性も否定できません。

開発メーカーも手術経験のある医師が望ましいとのことで、認定医制度を設けているのもこうした理由の一つにあるのでしょう。

ミラドライでは照射時に直接皮膚と接触するチップにも感染症のリスクを抑えるための配慮がなされています。

このチップを使い回す事は感染症のリスクが高くなるため、使い捨てするよう取り決められているそうですが、人為的なミスも絶対ないとは言えません。

そこで防止策としてチップは一つひとつバーコード管理されており、使用前にミラドライ本体でスキャンし未使用チップかどうかの確認を行います。仮に使用済みであったとしたらミラドライ本体から警告され、交換するまで治療を行う事はできません。

さらに、新品のチップをミラドライ本体に認証させてからの時間制限も設けてあるので、一人の施術に対しての照射時間には十分な猶予はありますが、連続して施術する事は現実的に不可能な仕組みとなっています。

ミラドライは皮膚の切開を伴わない治療法です。正しく行えば外科的療法の他の手術よりも感染症や合併症のリスクはもともと少ないのですが、誤った方法での治療は本来期待出来る効果がだせないどころか重篤なリスクにも繋がります。

最近、口コミでは「看護師さんが照射していました」と見かけます。熟練されているのかもしれませんが、開発メーカー側の意図には反することになります。

ミラドライのリスク

この画期的な治療法ミラドライは、「わきが」「多汗症」でお困りの方には朗報であることは間違いないといえるでしょう。しかし、全くリスクがないというわけではありません。まず理解しておきたい事として、無汗・無臭にはなりません(※ミラドライに限ることではありません)。世の中に無汗・無臭の人は存在しないからです。

ほぼ全症例に確認される症状(施術後数週間)

  • 術後は脇が腫れる
    ボールを脇に挟んでいるような違和感
    日常生活に支障がでる痛みはありません
  • 若干の赤み
    照射時に皮膚を数十秒間吸引し続けるために生じるもの
  • むくみ
  • ヒリヒリする軽い痛み

上記全ては日常生活に支障がでるレベルでの報告は今の所ないようです。

汗や臭いの原因となる汗腺をマイクロウェーブ波にて焼き切ることになりますので、皮下組織内部は火傷のような状態になります。一回の照射後ただちに皮膚表面を冷却する機能がありますので、皮膚表面が火傷するリスクを最小限に留めています。しかし、施術の性質上熱傷の可能性がゼロとは言い切れません(※照射中は麻酔が効いているため痛みはほぼありません)。

稀に確認される症状

腋の部位に

  • つっぱる感じやひきつれを感(拘縮)
  • 感覚鈍麻
  • 異常知覚
  • 硬結(しこり)を生じる

ミラドライが登場して間もないこともあり、今後症例を重ねていくことで新たな報告がある可能性は否定できませんが、他の手術での身体的負担に比べると格段に低いレベルと報告されています。

ミラドライに限った事ではありませんが、最良の選択をし、後悔しない為には事前にしっかりと起こりうるリスクを理解する事がとても重要となります。

わきが多汗症の治療情報 ミラドライ特集
わきが・多汗症口コミ掲示板
皮膚科/形成外科/クリニック検索
ドクターデオドラント