世界最高品質のわきが治療 城本クリニック

城本クリニックの徹底調査

再発の心配がないわきが治療なら、汗腺を徹底的に除去する「直視下摘除法」!!
医師の技術力と豊富な症例数で選ぶなら城本クリニック!!

信用の美容整形ブランド 城本クリニック

全国主要地域のわきが・多汗症治療を行っている病院を検索できます。


わきが・多汗症に関する口コミを見たり、悩み疑問を相談したり、同じ悩みを持つ人と情報交換できる掲示板です。

わきが・多汗症関連リンク集

おすすめリンク集

ミラドライとは-わきが・多汗症の最新治療「ミラドライ」に迫ります。
ミラドライの仕組み-ミラドライのわきが改善の原理をご紹介します。
ミラドライの効果-ミラドライはどれだけ効果があるのでしょうか?
ミラドライのメリットデメリット-ミラドライの長所と短所をご紹介します。
ミラドライの安全とリスク-高い安全性の仕組みにより最小限のリスク

わきが・多汗症のコラム

保険診療と自由診療

保険診療と自由診療では治療費の負担に大きな差があります。ここでは「わきが・多汗症治療」という前提で違いを見ていきましょう。カウンセリングに行く際の参考になれば幸いです。

保険診療の適応範囲

適用範囲を策定しているのは中央社会保険医療協議会です。詳細は厚生労働省の通知で定められます。

腋臭症の保険適用について
悪臭はなはだしく他人の就業に支障を生ずる事実が明らかであって、客観的に治療の必要がある場合は給付して差し支えない。(昭和5年9月5日保規発第445号)

日常生活に支障をきたすような場合の治療に保険は適用されます。

歯の治療で例えますと、見た目の良い素材や生活するうえで必要最低限を超えた目的。金歯やプラチナ等の高価な素材を使用は必要最低限を超えていますので保険適用外になります。歯並びの矯正も見た目の問題ではなく、噛み合わせが悪くて日常生活に影響がある時は保険対象となることがあります。審美治療と呼ばれる美容整形なども保険適用外です。

わきがについてはどうでしょうか?残念ながらどの施術法でも適用可能とはなっておりません。保険適用可能な治療法「剪除法(せんじょほう)」のみです。切開皮弁法というのが正式なようです。

国が正式に認める施術方法ですので、わきがに対する効果は期待できるといえます。ただし、医師の熟練度も大きく影響してくるようです。

保険適用の可否についてはカウンセリング時に確認しておきましょう。メール相談などの多くは「一度ご来院ください」と言われるかと思います。正直なところ、電話やメールでの問合せでは診ていない脇に対して責任をもって返答できないからです。いくら文章や電話口で説明してもです。憶測で話した貴方にとっての都合の良いこと事が実際の診察時に当てはまらなかった時、貴方はどう思いますか?

わきが治療における自由診療

自由診療での治療費は医院が自由に設定できます。治療の際の方法、器具、材料など様々な面での制約からも解放されます。高価な機械を導入している医院であれば、その支払いのために治療費に反映しなければ経営が成立ちません。

予約について

お医者さんにももちろん生活があります。また、医院の経営をするためにはお金が必要です。そこで働いているスタッフの給料や医院の運営費など多岐にわたります。

わきが治療に限りませんが、この業界では無料カウンセリングやネット予約など手軽にいつでも可能なことから、安易な気持ちで予約をいれ断わりもなしにドタキャン。これが実は意外に多いのです。

医院側は予約が入っているので他の予約はいれませんよね?そこでドタキャンされますと、医院は待ちぼうけです。例えばあなたの診察のために他の患者さんの依頼を断わっていたとしたらどうでしょうか?

外せない急用は誰しも経験はあるでしょう。事前の計画がやはり大事といえますが、万一の時は出来る限り早くキャンセルの連絡を入れましょう。後日にずらしてもらえることも可能かもしれません、人として守るべきモラルでもあります。

ほっておいた医院に再度予約をいれるような人は少ないとは思いますが、良い関係を築くのはお互いに難しいかもしれません。

保険診療の利益率は十分とは言いがたいようです。また、わきが治療は手術になると医師の体力的な負担も大きく、規模の小さい医院では保険診療のみを扱うことは経営上不可能な場合もあり、自由診療のみの医院も多く存在します。

どちらがいいの?

たしかに金銭的な事でみれば保険適用は魅力的です。しかし、目的はわきが・多汗症の改善です。ここを忘れてはいけません。

わきがの度合いで最適な方法は変わってきます。セカンドオピニオンも検討されても良いかと思います。

わきが多汗症の治療情報 ミラドライ特集
わきが・多汗症口コミ掲示板
皮膚科/形成外科/クリニック検索
ドクターデオドラント